競艇場

【福岡競艇場】水面特徴、傾向、予想のコツをまとめて紹介!

独特の「うねり」が発生するため、選手からは走りにくい水面で有名な「福岡競艇場」。そのため、予想が難しい上級者向きの競艇場と言えます。

この記事では「福岡競艇場での的中率を上げたい!」という方に向けて、

  • 水面の特徴
  • 傾向
  • 予想のコツ

について解説していきます!

水面の特徴は?

福岡競艇場の水面の特徴は

  • 干満差がある
  • うねりが発生しやすい
  • インコースが不利な構造
  • 波が高い
  • 風が強い

以上の5つです。1つずつ解説していきます。

特徴①:干満差がある

福岡競艇場の水面特徴の1つ目は「干満差があること」です。

福岡競艇場の水質は、那珂川の淡水と博多湾の海水が混ざり合った「汽水」。潮が引くと水面が安定し、スピードに乗ったターンがしやすくなるのでアウトコースが有利になります。

反対に、満潮では水面が不安定になるので、インコースが有利になりますよ。予想する際は、潮の満ち引きに注意しておきましょう!

特徴②:うねりが発生しやすい

福岡競艇場では、那珂川の淡水と博多湾の海水が混ざるためうねりが発生しやすいとされています。

「うねり」とは水面に発生した目に見えない波で、ベテラン選手でもうねりが発生しているかどうかを判断するのは難しいです。

うねりが発生すると、アウトコースの艇が第1ターンマークで「まくり」を狙う際に、艇がうねりに乗って外側に流れてしまいます。

つまり、まくりが失敗しやすいんです! そこで、ある程度のスピードを付け、外を握った方法を実践する選手もいますね。

特に、

  • 満潮の時間
  • 北や北東からの風が強いとき

この2つの時間にうねりが発生しやすいと言われていますよ。

特徴③:インコースが不利な構造

福岡競艇場は、インコースが不利な構造をしています。1マークがスタンド側、2マークが発送ピット側に大きく振られているので、インの回りシロが少ないんです。

冬場は追い風になりやすいので、インが有利になることもあります。ただし、強風では無いことが条件です。

つまり、スリット勝負になりやすい傾向にあります。下にスタート順位別の成績をまとめました。

S順位 1着率 2連対率 3連対率
1位 35.3% 54.2% 68.7%
2位 20.4% 41.9% 59.4%
3位 15.0% 35.0% 53.1%
4位 9.9% 27.4% 47.2%
5位 8.4% 20.5% 37.1%
6位 4.6% 12.6% 26.5%

トップスタートの1着率は、35.3%と27.6%の全国平均を大きく上回っています。そのため、スタートが得意な選手は注意が必要ですね。

特徴④:2マークの引き波がある

福岡競艇場は、2 マークの引き波があります。2マーク側は奥行きが狭いので、スタート時に発生した波で、思わぬ波乱を巻き起こすことも。

さらに、2マークを先に旋回した艇が、波に乗ってキャビテーションを発生させてしまいます。後続艇に逆転を許す展開になることもありますね。

しかし、走り慣れた地元選手は熟知しているので、逆転を狙った鋭い切り込みを披露することもありますよ。

競艇では、波の高さ(波高)が5m以上になるとレースへの影響が出てくると言われています。

特徴⑤:風が強い

福岡競艇場では、当日の風は舟券予想に欠かせないポイントです。

福岡競艇場では基本的に、夏場は向かい風、冬場は追い風と言われますが、バック側の奥に博多湾があるため、独特な風が吹きます。

また、1マーク側には那珂川が流れているので、海風が川から巻き込んでくることも。つまり、年間を通し、地理的な関係からも風向きは安定せずに複雑なんです。

最も多いのは、海から吹く左横風。こちらも真横からではありません。さらに、他会場ではあまりない右横風も吹きます。

向かい風でが外コースが決まりやすくなるのは、全国傾向と同じ。しかし、そこまで高い数字ではないため、舟券の狙い目にはなりにくいですね。

競艇では、風速5m以上になるとレースへの影響が出てくるとも言われています。

 

傾向は?:「3コース」が鍵を握る!

風や波の状態によって全く違った水面になることから「難水面」の福岡競艇場。

実は、3コースが最も強い傾向にあります。さらに、福岡の3コース1着率は、全国1位の高さを誇っているんです!

1〜3月の3コース1着率は、17.1%。回収率も69.8%を誇ります。2位の鳴門競艇場は15.5%なので、確率が高いことが分かりますね。つまり、福岡競艇場では、1コースが圧倒的に有利では無いんです!!

コース別の強さは、うねりが発生しているかどうかに左右されます。風向きや潮の干満に気を付けて予想することをおすすめします。

ちなみに、福岡競艇場では一般的なデイレースの開催です。しかし、夏場はデイレースよりも少し開催時間が後ろにずれた「サマータイムレース」の開催となることもあります。

 

予想のコツは?:直前情報からチェックしよう!

福岡競艇場の予想のコツは、

  • 直前情報と満潮時間をチェック
  • 当地勝率を重視

この2つです! 予想の際は抑えておきましょう。

コツ①:直前情報と満潮時間をチェック

予想する際は、まず直前情報と満潮時間をチェックしましょう。

特に注意したいパターンとしては、

  • 向かい風(北~北東の風)+満潮→1コースの逃げが有利
  • 向かい風(北~北東の風)+干潮→3、4コースのまくりが有利
  • 追い風(西~南西の風)+満潮→2コースの差しが有利
  • 追い風(西~南西の風)+干潮→コースの有利不利が無し

以上の4つが挙げられます。

一般的に向かい風時は、アウトコースが有利です。しかし、福岡競艇場ではうねりの関係で満潮時はインコースが有利になりますよ。

潮の満ち引きは気象庁のHPで確認することができるので、福岡競艇場で舟券を買う前にチェックしておきましょう。

コツ②:当地勝率を重視

勝率には、全レースの成績から計算される「全国勝率」と、その競艇場だけの成績から計算される「当地勝率」があります。

基本的に、全国勝率が高い選手が強い選手になりますよね。しかし、福岡競艇場では水面特徴が特殊なので、全国勝率が高い選手でも活躍するのが難しいことも。

つまり、当地勝率が高い選手なら福岡競艇場での活躍がかなり期待できますよ

また、普段から走り慣れている地元選手もレースを有利に運びやすいです。

コツ③:①-②-③の回収率は全国1位!

福岡競艇場の①-②-③の回収率は102.3%と全国1位! 出現率も7.5%で、6.8%の全国平均よりも高くなっています。

福岡競艇場ではインが利かないですが、外コースが絡みづらいため出現率が高くなるんですね。

季節別コース別入着率を下の表にまとめました。

季節 コース 1着 2着 3着
1 45.7 18.1 12.0
2 19.8 26.0 16.3
3 17.8 21.9 19.6
4 11.2 21.1 20.5
5 5.6 11.2 21.0
6 1.1 3.2 12.2
季節 コース 1着 2着 3着
1 52.2 17.9 10.8
2 15.8 25.1 20.1
3 14.2 22.9 19.4
4 11.1 20.1 21.2
5 6.0 11.1 17.7
6 1.3 3.5 11.7
季節 コース 1着 2着 3着
1 52.8 19.2 7.4
2 15.9 26.1 21.6
3 13.3 22.7 20.9
4 12.9 18.4 20.9
5 4.8 11.6 17.9
6 1.1 2.9 12.3
季節 コース 1着 2着 3着
1 55.2 17.8 10.4
2 13.8 25.0 21.4
3 16.4 20.3 20.0
4 10.2 23.2 18.8
5 4.3 10.7 19.4
6 1.0 4.1 11.0

福岡競艇場は、センター、アウトが利く水面ではありますが、6コース1着率は全国24場の中で最下位。6号艇は買いづらいため、①-②-③を選ぶことをおすすめします。

向かい風の時は内枠が安定しないので、注意が必要です。

 

まとめ:福岡競艇場では風とうねりに注目しよう!

福岡競艇場の特徴や予想のコツについて解説しました。

〜福岡競艇場のまとめ〜

  • 干満差がありうねりが発生しやすい
  • インコースが不利な構造
  • 独特な風が吹く
  • 3コースが鍵を握る
  • 直前情報と満潮時間をチェック
  • 当地勝率を重視

福岡競艇場での予想では、風とうねりを読むことが最も大切です。満潮付近の時間で、向かい風が強く吹いている場合は、うねりによって1コースが有利になります。

反対に、干潮付近の時間で、向かい風が弱く吹いている場合は、静水面となり3コースのまくりが決まりやすいですよ。

ぜひ、福岡競艇場の特徴をマスターし、レースを予想してみてくださいね! レース場は街の中心に近い場所にあるので、遊びに行きやすいですよ!

 

-競艇場

Copyright© 【競艇場ごとの特徴を活かして勝つ方法】全国24カ所を一覧で解説! , 2021 All Rights Reserved.